人気は漫画へ

夢と希望から生まれるサッカーの魅力

サッカーを始める原動力にも

サッカー人気は60年代から段々と流行の兆しを見せていき、次第に子どもたちに愛されるスポーツ競技として野球と同等の人気を獲得していきます。サッカーを始める子どもたちが増える中で、こんな市場にも影響を及ぼしていったのです。何を隠すわけでもない、『サッカー漫画』というものにだ。サッカー人気が高まれば当然漫画の題材にもなる、ある意味自明の理ではないだろうか。スポーツを取り上げた作品は多い、野球では巨人の星、ゴルフではプロゴルファー猿といった名作が誕生しては、業界に大きな競技人口の増加をもたらしたこともある。

ではサッカー漫画もそうだったのかと歴史を紐解いてみると、実はそうなるまでにかなりの時間を要していたのです。最初に登場したのは流行が始まった60年代から少しずつ開拓していったものの、スポ根作品として見ると最初は暗礁に乗り上げてしまったのだ。そのせいで、1970年代においてはサッカーを題材にしても漫画としてヒットしないといった評価をされてしまったのです。ではその一方で野球の人気が高くなったかといえば、そうでもない。そもそもその時点で野球漫画は有り余るほど作品化しているため、飽和状態を通り越してどれを見ていいかわからないまでになっていたのだ。売れるものはとにかく作品に、単純すぎるかもしれませんが別段おかしくはない話だ。

あまりに野球漫画を始めとした、スポーツを題材にした作品が増えすぎてしまったが故に、新しいジャンルの模索が始まったのが1970年代後半の頃。そして1980年代に突入し、サッカー漫画によって一大旋風を巻き起こし、さらに世界的大ヒット作品にまでのし上がったのが『キャプテン翼』の登場だ。

意外と古い歴史

この時代の漫画、特にスポーツ系においてはよく用いられていたのが、何事も『根性で解決する』という無茶苦茶理論だ。これは今でも学校の部活動などで指導者がありえない事をしているという話も耳にします。それこそ炎天下の真夏日に外で走らされて、水分補給をすることも休憩することも、さらにデオドラント関係の持ち込みすら禁止しているというから、それもどうかと思う。一様に厳しい指導をしている指導者が二言目に口にするのは、『根性が足りない!』というから失笑ものだ。それで死人まで出してしまい、挙句の果てに自分はそんなことをしていないなどといった正当性を主張するなど、色々と問題があったりする。

そういう意味で、このキャプテン翼という漫画はそれまでのスポーツ漫画とは違ってよりリアリティに基づく内容で展開されていった。選手たちがそれぞれ苦悩しながらも才能に目覚め、さらにサッカーは勿論、スポーツは楽しむためにあるものだといった理念をまとめ上げたこともあって、当時はサッカー業界でもバイブル的な存在にしていた人もいると耳にするほど。

作中では怪我をしても、なんとか出場し、時にライバルたちとの戦いに苦しみながら前へと向かう、そんな作風はこれまでのスポーツ漫画になかったため、業界的にも革命を巻き起こした。歴史こそ古いが、当時既にスポーツとは本来こういうものだといった理念がつめ込まれているので、初心を忘れること無くキャプテン翼のようにサッカーを楽しもうという思いが読者はもちろん、世間へと広く浸透する機会にもなっていったのです。

作品をきっかけに

キャプテン翼の登場により、一気に当時の子どもたちはサッカーへとのめり込む社会的ヒットを記録した。それまで伸び悩み、良くない噂などであまり振るわなかったサッカー業界としても、この傾向を快く迎え入れていたほど。現在活躍しているプロ選手にも同作品のファンは多く、それは世界のスターダムで活躍している外国人選手も例外ではないとのこと。日本にしても、今でこそメジャースポーツですが、80年代ではマイナースポーツだと見做されていたため、人気は勿論競技人口の増加に尽力した。

Jリーグの発足により

キャプテン翼は1988年に一度連載終了となっている。この頃にはもうサッカー人気はかなりのものとなり、連載が終わってもその高い人気から多くの人がまた作品を読みたいといった声が集中するようになる。そして再度キャプテン翼が始まりを迎えたのは1993年に発足したJリーグ、これによって作品も主人公である翼を始めとした人気キャラクターが、世界を部隊にした活躍をベースとして連載が再開していったのです。

人気少年雑誌での連載だったため、再度サッカー人気に火を付けることとなり、キャプテン翼という作品が後の登場するサッカー漫画における先駆的な存在であったことを証明するものとなった。

冷静に見ると

リアルなサッカーの魅力を伝えるため、キャプテン翼の存在は絶大なものになっていきました。また原作において注目を集めたのは、二次元だからこそ可能なスーパープレイを見ることです。巨人の星でいうところの消える魔球だったり、プロゴルファー猿でいえば旗包みといったものだ。この作品で一番有名なスーパープレイは幾つもあって、そういう意味でも人気を博していくこととなります。人気の原動力といえば色々要因はありますが、当時においてはキャプテン翼ほどサッカー人気を不動のものへと押し上げた、正真正銘の立役者と言って申し分ない。

サッカーをはじめるには

↑PAGE TOP