意外と知られていない事情

夢と希望から生まれるサッカーの魅力

理念はともかくとして

サッカー人気は時に国家の威信を掛けた戦いにまで発展することがあります。世界的なメジャースポーツで、その歴史は野球と同等に古くから人類に愛されている競技だからだ。筆者も好きだ、自分でやらない分には。では好きだからという気持ちでサッカーが出来るかといえば、中々そうも行きません。実力主義がそのまま体現された世界ですから、一定以上の能力を有していない人はドンドン置いて行かれていってしまうものだ。サッカーが好きだけど、選手として大勢できないのであれば意味が無い、そのように考える人は少なくないはずだ。間違っている、とは言うつもりはありません。ただ純粋にサッカーだけを楽しもうと言う気持ちでやる場合には、そうした人たちとの交流で培っていけばいいというだけの話だ。

競技として楽しむ場合、当然試合に勝つことも大事ですが、やはりしていて楽しいと思えるかどうかが重要でしょう。学校カリキュラムの体育にサッカーが組み込まれているのは、団体行動を学ぶとともにどれだけ楽しいのかを広く知ってもらいたいという思いがあってこそ、というところだ。学生時代にそんなものは微塵も感じなかったが、それはどこでも同じだろう。それこそサッカー強豪校でやろうものなら、ただの苦痛でしかない。

一応サッカーを楽しくやるという理念として、『リスペクトの精神を持つ』ということが掲げられている。知っている人もいるでしょう、相手を尊敬し、強調しあってこそ良きフェアプレイが出来ると言われているが、今の状況を考えると妄言だと訴える人がいたとしてもおかしくない。厳しいことを述べているが、これもまたサッカーの抱える現実的な面だ。

さて、そんなサッカーについての話題で触れておきたい事がある。主に少年サッカーを対象にしているものになり、広く楽しんでもらうためにも新たに『8人制サッカー』というものが導入されました。通常は11人制を取っていますが、どうして3人も減らす必要があったのでしょう。

8人制サッカーが登場した理由

主に少年サッカーを対象とした8人制サッカーの導入は、今から5年ほど前に遡る。この時から新たに少年サッカーの公式試合でも8人で行われる様になりました。サッカーが好きな人でも、ジュニアレベルまで話題を周知していないかぎりは中々情報が入ってこないでしょう。しかも5年前といえば東日本大震災があった年でもあるため、話題を出すにはあまりに場違いなのは言うまでもない。

けれど8人制サッカーへの意向は賛否両論を招くことになる、それは子供たちもそうだが、大人目線からしても、苦悩する場面が増えていった。当初からこうした問題が起きるだろうと予測されていたらしく、それでもなお推し進めた理由を探ってみると、一番最初に出てくるのは『デフェンスラインで人数を余らせず、マンツーマンで対応できる個の能力を養うため』というものだ。これが日本サッカー協会が提示している見解となっているが、少し理屈っぽいのは否めない。なので実際に実践することになる子どもと指導する大人たちから見た、8人制の良し悪しを考察してみる。

子供視点で見る8人制サッカー

8人制サッカーなので、実際にプレイするのは他でもない子どもたちです。今まで11人生制で当然のようにやっていた子が多かったため、当時はいきなりの制度変更に戸惑いを覚えたのは確実だ。本来いるべきポジションに誰もいなくなり、そうしたことまで考慮したフォーメーションの組み直しなどが求められる。いくら少年サッカー部門ではフィールドの大きさがそれほど大きくないとはいえ、カバーするには3人の穴は痛い。

ただ良い面として、個々人のそれまであまり重視していなかった能力向上という意味では優れているでしょう。フォワードとして活躍していたが、時にディフェンスのようなアクションを起こすひつようも出てくる。臨機応変かつ状況に応じた対応が迫られるので、とっさの判断力や反射神経なども鍛えられるので、サッカーがもっと上手くなれるという意味では前向きに見て良い点だ。

大人視点で考える8人制サッカー

大人から見ても8人制度への変更は苦労するのは目に見えている。それまでの11人とは違って、8人でどんな戦略を練るかが求められる。また若干のルール変更もあるため、それまでとは違った新しいチームとしての戦法を導く必要も出てきます。負担は大きくなってしまいますが、子どもたちがサッカーを楽しめるようにするという意味ではそれぞれの練習に費やせる時間も増やせられる。

人数が減ったので試合に出場できる人数も限られてくるだろう、そんな心配もありますがそれも当然見越しての制度変更だ。そのリスクはあるものの、逆に密な練習を積ませられるのでそれまで11人でやってきたこと以上に、チームとして様々な戦略が練られる利点もあります。

あくまで楽しむことが重点

子供にしても大人にしてもどちらの思惑も重要ですが、それ以上に肝心なのは純粋にサッカーを楽しむという事に掛かっている。また少年サッカーの場合、大人が楽しむものではなく子供が楽しむもの、どうしても指導者の中には勝利することだけに執着する人もいますが、ノビノビと本人たちが競技としてサッカーを楽しめているかを気にするのも大事なことです。

身体を動かす意味でも、ただ勝つことだけを追順するのではなく、競技理念に基づいた楽しさがなければやっていてもつまらないと感じてしまうものだ。

色々な葛藤の中で

こうして8人制サッカーというものが新たに少年サッカーの世界で、新たなルールとして統制されました。知らなかった人、大人がやるサッカーしか興味がなかった人にすれば寝耳に水かも知れません。けれど制度変更には様々な思いが込められていることだけは間違いないのです。

サッカーをはじめるには

全国配送、式場直送OKの便利な留袖は返却もラクラク!ご利用後、専用バッグに入れて返送するだけです♪クリーニングも不要なのが嬉しいですね。
中古エアコンならエアコンのファミリーにおまかせください。a href="http://www.aircon-family.jp/">エアコン 工事 中古エアコン情報満載です。

↑PAGE TOP