サッカーを始めるきっかけ

夢と希望から生まれるサッカーの魅力

何事もきっかけがある

サッカーが大好きだから始める、というのはすごく大事なことです。ただその大好きというものの原点は人によって異なります。日本で本格的なサッカーが流行りだしたのは、1960年代と野球に比べたらまだまだそこまで古くない。とはいえ半世紀以上経過しているので新しくもありません、ただ人気や定着率で言えば日本国内では野球よりも少し後ろにいる、というのが正確な立ち位置だろう。そこまで詳しい歴史まで追求するつもりはないが、多くの人がサッカーってこんなに面白いものだったのかとハマっていったのも理解できる背景だ。

ただ好きの原動力には何かしら、その感情を導く原点があります。オタクにしてもそう、これが自分の生涯愛すべき作品だったから自分はこの道に進もうと決意した、分岐点は人により異なりますがきっかけから好きになる事はよくある話だ。ではサッカーをしている人たちに取って、自分たちが志そうと思ったその始まりは何処からで、一体何からサッカーを信奉するまでになったのか、少し考えてみよう。

考えられる分岐点

正直なところ、サッカーを好きになるかどうかのきっかけを模索するとしたらかなりの選択肢が出てきてしまいます。それを1つずつまとめているとさすがに時間が足りないので、あくまで予測できる範囲での簡単な影響という点で考察をしてみる。とはいえ、サッカーを好きになったきっかけで一番メジャーなものといえば、やはり有名な選手のプレースタイルに憧れた、なんて事が一番典型的ではないでしょうか。

現在でいうところだとヨーロッパで活躍している『本田圭佑選手』が良い例だ。それ以外には『香川真司選手』・『長友佑都選手』といった方々が現在のサッカーが勢力的に盛んな欧州におけるスターダムにのし上がったトップ選手の代表格といったところだ。そんな彼らがどうしてサッカー選手を目指したのか、という理由を知りたいと思う人もいる。それで自分の子供も目指せるのではないか、などと飛躍した妄想をする保護者もいると思いますが、そうなるか否かは必ずしも断言できるわけではない。

ただ分岐点というほどのことではなく、本当に単純すぎる、そもそもサッカーと全く関係ないまま始めたという人も中にはいるものだ。そうした動機の方が逆にほんわかして、面白いと感じてしまう。

ユニークな始めた動機

カッコいいところを見せたかった

欧州でもその実力は高く評価されている長友佑都選手、彼がサッカーを始めた動機については『当時好きだった女の子の注目を引きたかったから』だそうだ。色々あるだろうが、インターネット上でそレに対して不純すぎると、率直に感想を申した人もいます。真剣に考えて始めた人と比べたら確かに動機としては足りないかもしれませんが、それは本当にきっかけに過ぎません。それからのことを考えれば、真剣に取り組んでいったからこそプロリーグにまで名を馳せるまでになり、世界レベルで活躍するまでに成長しているのですから、なんだって良いんです。

動物は可愛いですから

そんな長友佑都選手よりももっと不順な動機を持って、サッカー選手になった人もいます。現在日本国内のリーグ、プロサッカーチーム松本山雅FCに所属している『柴田隆太郎選手』という方がいます。あるメディアのインタービューでどうしてサッカーを始めたのかと尋ねられ、彼はこう答えたのです、『ハムスターが飼いたかったから』と。

クエッションマークが頭の上に乱立する光景が思い浮かびますが、どうやら幼少期にハムスターを飼いたいと父に頼んだところ、出された条件がサッカーを始めたら良いと提示してきたという。交換条件になっていないのでは、なんて思わなくもないですし、またお茶目なジョークとも考えられます。けれどもしこれが真実だとしたら、長友佑都選手以上に不純な理由と言われてしまいますが、なぜか憎めません。

動物飼いたさにサッカーを始める、むしろお父さんが飼いたいのを口実に利用されたのではないか?

動機なんてなんだって良い

有名な選手ほど高名な選手の、あのプレイの、あんなスタイルに憧れましたので目指しましたと、それこそ志望理由書的な物を書かせたら何十枚と書ける人もいるでしょう。そこまで熱いサッカーへの思いを披露すれば熱意は十分すぎるくらい伝わりますが、逆に重すぎる。映像を再生して止めて、この部分の足さばきが凄いだとか、あの場面でどう動くかを適格に判断したからスーパープレイが可能だったんだ、といったような解説をされても正直対応に困ります。好きなら好きでそれでいいでしょう。わからない人にそこまでの説明をしたところで理解されることなく、流されてしまうものだ。

サッカーが好きだから、単純な話それで落着しても良いんです。

サッカーをはじめるには

これからも優れた製品、最新の技術や情報を結集し提供してまいります。今後ともなお一層のご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。今村製袋のオリジナル袋に袋制作はおまかせください!

↑PAGE TOP